里親研修の受け方

里親研修には、里親の新規登録にあたって受講することが必要な(1)基礎研修、(2)登録前研修と、里親登録後、5年ごとの登録更新時に受講する(3)更新研修があります。

平成28年度までは、「養育里親」にのみ研修が義務化されており、「養育里親研修」のみが行われていました。
平成29年4月から、「養子縁組里親」の登録に、研修の受講が必要になりました。養子縁組里親になるには、「養子縁組里親研修」を修了していることが条件になります。

※養育里親研修と養子縁組里親研修の内容は重なる部分も多くあります。それに加えて、養子縁組制度、手続きや流れ、真実告知、支援についてなど、養子縁組に関しての内容が、プラスになります。どのような形で研修が実施されるかは、お住まいの地域の児童相談所または、里親支援機関にお問合せください。

研修の日程については、お知らせ>養育里親研修の日程 をごらんください。

まずガイダンスを受けて(1)基礎研修 講義→実習

里親希望者は、児童相談所や里親支援機関で、まず里親制度についてのガイダンスを受けます。要件について理解することが必要です。
里親になることを希望する場合、最初に、里親制度についての基礎と概要を理解するために、基礎研修の講義を受けます。講義を受講した後に、児童福祉施設の見学などの実習を受けます。
講義と実習を終えて、基礎研修が終わったことになります。

次に(2)登録前研修 講義→実習→修了認定・修了証の交付

基礎研修を終えて里親制度についての概要や基礎的事項をわかった上で、養育里親になる気持ちを確認して、すすめたいと希望する人は登録前研修を受講します。登録前研修も、講義を受講後に実習を受けます。

都道府県は、里親研修の課程を修了した者に対して、修了認定を行い、 修了証書を交付します。里親研修の実施を他の機関に委託している場合は、委託先が行う評価に基づいて修了認定を行い、修了証書を交付します。(修了証書の有効期間は交付された日から2年間。)

受講と並行して、里親希望者は、児童相談所に里親認定の申請を行い、児童相談所からの家庭訪問・調査を受けます。

登録前研修の修了認定後に 審議 → 里親認定 → 里親登録

認定前研修を修了後、調査結果をふまえて、児童福祉審議会里親認定部会で審議され、里親とし認定(または、不認定)され、通知されます。通知を受けて、里親登録の申請をすると、養育里親名簿に登録されます。

里親登録後、5年ごとに(3)更新研修

里親登録後、登録の更新を希望する人は、更新研修を受けます。更新研修にも講義と実習があります。実習は里親としての養育経験がある場合は免除になります。