里親になるには

里親の申請・研修・認定・登録・更新の流れ

相 談 ①里親希望者は居住地の管轄の児童相談所(こども家庭センター)または里親支援機関で里親制度の説明(ガイダンス)を受ける。
(兵庫県・神戸市にお住まいの方は、こども家庭センターまたは家庭養護促進協会のどちらかで)
研 修 ②養育里親希望者は都道府県(指定都市、児童相談所設置市を含む)が行う「養育里親研修」、養子縁組里親希望者は「養子縁組里親研修」を受講。
「基礎研修」(2日間・講義&実習)を受講し、里親制度について理解した上で「登録前研修」(4日間・講義&実習)を受ける。
申 請 ③里親希望者は児童相談所に里親認定の申請を行う。(※申請の時期については、②の研修の受講の前でも、並行しても、後でもかまいません。居住地の児童相談所や支援機関で相談・お問い合せください。)
調 査 ④児童相談所から家庭訪問調査を受ける。⑤児童相談所は都道府県へ調査結果をふまえた意見を提出する。
審 議 ⑥都道府県は児童福祉審議会に諮問する。審議会は調査結果を審議し、答申する。
認 定 ⑦都道府県知事は審議会の意見に基づき、里親として認定(または不認定)し、通知する。
登 録 ⑧養育里親名簿/養子縁組里親名簿に登録される。
更 新 ⑨5年後に更新する人は、更新研修を受講する。