養育里親の要件

里親になるための要件は、里親の種類によって異なりますが、養育里親について定められている要件が基本的なものになるため、まず、養育里親について説明します。

養育里親とは

児童福祉法で養育里親とは、4人以下の要保護児童(保護者のいない児童又は保護者に監護させることが不適切であると認められる児童)を養育することを希望し、研修を修了し、次の要件を満たす者で、養育里親名簿に登録されたものをいいます。

養育里親になるためには4つの要件があります

  1. 要保護児童の養育についての理解及び熱意並びに要保護児童に対する豊かな愛情を有していること
  2. 経済的に困窮していないこと(要保護児童の親族である場合を除く。)
  3. 養育里親研修を修了したこと
  4. 里親を希望する者及びその同居人が欠格事由に該当しないこと

養育里親の欠格事由とは

本人又はその同居人が次の各号(同居人にあつては、第一号を除く。)のいずれかに該当する者は、養育里親となることができません。

  1. 成年被後見人又は被保佐人
  2. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者
  3. この法律(児童福祉法)、児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律、その他国民の福祉に関する法律で政令で定めるものの規定により罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者
  4. 児童虐待の防止等に関する法律第二条 に規定する児童虐待又は被措置児童等虐待を行った者その他児童の福祉に関し著しく不適当な行為をした者

他の里親もこれに準じます。
また、里親がもしこれらの要件に至った場合、里親は都道府県知事に届け出て、都道府県知事は養育里親の登録を消除しなければなりません。