愛の手パネル展とチャリティバザー 12/13(木)~16(日)神戸 

毎年12月に、こどもに里親を求める「愛の手運動」とこども虐待防止の「オレンジリボン運動」のパネル展と、チャリティバザーを開催しています。4日間とも11時~18時。会場は、デュオぎゃらりー(デュオこうべ JR神戸駅南側地下)です。ぜひ、お立ち寄りください。

昨年の様子
バザーコーナー
お楽しみ工作

 

スポチャンくらぶのご案内



子育てサポートグループ「ぼちぼち」では、2017年から偶数月の第4日曜日の午前中に、横山裕行さんにご指導いただき、親子スポーツチャンバラ教室を開催しています。ご関心のある方は、ご参加ください。

次回のご案内
■とき 2019年12月23日(日)午前10時~11時半(9時から9時50分まで自由に卓球タイム)
■会場 神戸市立障害者福祉センター体育室(神戸市立総合福祉センター1階)
■参加のお申込み・お問合せ bochi2@kdn.biglobe.ne.jp
★ちらしはこちら

スポーツチャンバラとは、エアーソフト剣という空気の入った剣を使って自由に打ち合いをする競技ですが、スポーツレクリエーションとしても各地で行われており、感覚統合や身体を使った遊戯療法としてもお勧めできます。

剣はあたってもほとんど痛くない安全なもので、打ち合いをするときは面だけをつけます。
ルールは簡単で、からだのどこを打っても一本、どこを打たれても負け、相打ちは両者負け。

護身術としても優れ、打たれたこと(負け)を認める潔さや礼儀作法も身につきます。
武道の礼節、スポーツの楽しみ、遊び心がミックスした、現代的な「チャンバラごっこ」として、年齢を問わず誰でも楽しめます。

お父さんやお母さんも、子どもと一緒に体験してみませんか?
こども~青年・おとなだけの参加も歓迎です。

呼吸・姿勢・基本的動作のトレーニングも取り入れています。
運動が苦手、ルールや集団が苦手という方も楽しく体験してみましょう。
その子なりの参加のしかたでOKです。
回を重ねるごとに成長していく姿が見られます。細く長く続けてみてください。勇気、自分の身体・相手の身体への意識などを経験することで、何かにチャレンジするときに、違いを生んでくると思います。
参加しにくい子どもさんはぜひ親子でご参加ください。

■とき 偶数月の第4日曜日(原則)に開催(2か月に1回)
(その都度メールで案内しています)
午前10時~11時半(9時半より受付開始)
10時から稽古を始めます。5分前には集合してください。

■けいこば 神戸市障害者福祉センター 体育室
(神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市立総合福祉センター1階)
対象 小学生(5歳くらいからも参加可)~おとなまで
(発達凸凹のあるこどものためのくらぶですが、お友達・ご家族等、
どなたでもご参加いただけます)

■参加費 おとな・こどもとも、ひとり1000円

■指導 横山 裕行 さん(Total Budo Gym 武道 松朗館 代表)

■服装 動きやすい服装。更衣室あり。半袖半ズボン可。
痛みに敏感な人は長袖・長ズボン(ジャージ等)を着用
してください。足は裸足(感覚過敏のある方等はご相談ください)

■持ち物 タオル・水筒

■お申込み・問合せ メールで参加者名・連絡先・子どもさんは学年をお知らせください bochi2@kdn.biglobe.ne.jp (※配慮が必要なことがあればご相談ください)

■主催 子育てサポートグループ「ぼちぼち」
(神戸市中央区橘通3-4-1神戸市総合福祉センター2階 公益社団法人 家庭養護促進協会内)

第6回 里親支援にかかわるWORKERのための研修 IN 神戸

毎年11月ごろに開催している支援者対象の研修を、今年は11月21日(水)に開催します。今年度のテーマは」は「里親養育のジレンマ その理解と支援」です。

里親制度は、家庭という私的な領域に子どもを迎え入れる公的な養育です。第1部では、この2重性を踏まえて、「今求められる里親養育と今可能な里親委託~過渡期であることと2重性を意識しながら」と題して、宮島清さんにご講演いただきます。第2部では、里親養育のジレンマを軸に里親からの話と事例報告の後、グループに分かれて話し合います。里親支援をより充実するために、学び合う機会にしたいと思います。

先着順で90名の受付となります。ご都合がつきましたら、どうぞご参加ください。

■日時 2018.11.21(水) 10:30~16:40

■会場 神戸市立婦人会館 5階 さくら
神戸市中央区橘通3丁目4-1(神戸市立総合福祉センターと同じ建物です)
JR神戸駅より北へ徒歩7分、高速神戸駅駅より北へ徒歩3分、神戸市営地下鉄大倉山駅より南へ徒歩3分

■講師 宮島 清  氏 プロフィール
日本社会福祉事業大学専門職大学院 教授
専門は、子ども家庭福祉とソーシャルワーク。特に児童虐待が発生した家族・援助を必要とする家族への支援、里親養育や児童福祉施設の援助とその仕組み関することに取り組む。社会福祉士。

1981年、埼玉県庁入庁。福祉職として、児童相談所、同一時保護所、知的障害児施設、県本庁児童福祉課等に勤務する。2005年3月、 所沢児童相談所地域相談担当課長を最後に退職。同年4月から実務者教員として実践者の教育・訓練に携わる。
(※宮島先生には、2015年度も研修講師をお願いしました。
★その時の様子 ★講演録

著書:「子どものための里親委託・養子縁組の支援」(共編著)明石書店、「社会的養護テキストシリーズ」1~4巻 福村出版(共編著)、他多数。

■対 象:里親支援機関職員、里親支援専門相談員、
乳児院・児童養護施設等福祉施設職員、
児童相談所・児童家庭支援センター等 関係機関職員他

■定 員:90名(先着順)

■資料代:2000円(当日会場でお支払い下さい)

■プログラム(予定)—————–

10:00 受付
10:30  第1部 講演
  「今求められる里親養育と今可能な里親委託
~過渡期であることと2重性を意識しながら~」

  講師 宮島 清 氏
(日本社会福祉事業大学専門職大学院教授)

12:00~13:00 昼食休憩(会場で昼食をとっていただけます)

13:00 第2部「里親養育のジレンマ」
       里親の養育経験と事例報告
14:00 休憩
14:15 グループに分かれての話し合い
15:45 休憩
16:00 話し合いの報告・まとめ
16:40 研修終了予定
17:30~19:00 交流会(3000円程度・当日会場でお支払い下さい)
———————————-

■お申込み
お電話・ファックス・E-MAIL でお申込みください。
(申し込みフォームからもお申込みいただけます。下記のイラストをクリック)
<受講していただけない場合のみ、ご連絡をいたします。>
※申込み〆切り 11月14日(水)
ちらし裏面にファックス申込み用紙があります。
★ちらしはここをクリック

主催:公益社団法人 家庭養護促進協会 神戸事務所
TEL 078-341-5046 FAX 078-341-1096
E-MAIL ainote@kjd.biglobe.ne.jp

メール申し込みフォームはこちら
メール申し込みフォームはアイコンをクリック

里親制度をすすめるための講演とリレートーク 12/4(火)

里親制度をすすめるための催しを毎年開催しています。
今年は、長年、児童虐待の問題に取り組んでこられた加藤曜子さん(流通科学大学教授)の講演「私たちにできること~虐待を防ぐ視点から~」と、里親のリレートークがあります。
ぜひ、ご参加ください。

■日時 2018年 12月4日(水)
13:30~16:30(講演は14:00~)

■会場 あすてっぷKOBE
(神戸市中央区橘通3-4-3)2階 セミナー室1・2

■参加費 無料
■定員 110名・要申込
■一時保育 10名・先着順・要予約

■プログラム
・13:30~受付
・14:00~15:00 講演「私たちにできること~虐待を防ぐ視点から~」講師 加藤曜子さん
・15:00~ 休憩
・15:10~ 里親制度とは
・15:20~16:20 里親リレートーク
・16:30  閉 会

【加藤曜子さん プロフィール】
流通科学大学人間健康学科教授
家庭裁判所調査官を経て渡米し、虐待予防の大切さを実感。以後児童家庭福祉問題に取り組み、児童虐待防止の地域ネットワーク・子育て支援などを研究。厚生労働省による子ども虐待による死亡事例等の検証委員やNPO法人児童虐待防止協会理事を務める。著書は「児童虐待リスクアセスメント」(中央法規2001)「まずは子どもを抱きしめて」(朝日選書2002)「児童虐待のいま」(2008)「ネグレクトされた子どもへの支援」(明石書店2016)等。

■主催:公益社団法人 家庭養護促進協会 / 神戸市里親会
■後援 : 神戸市こども家庭センター / 神戸市教育委員会

■お申込みは お電話・ファックス・E-MAILでどうぞ
申込〆切 11月28日(木)

★ちらしはここをクリック(ファックス申込み欄あり)

公益社団法人 家庭養護促進協会
〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市総合福祉センター内
TEL 078-341-5046 FAX 078-341-1096
E-MAIL ainote@kjd.biglobe.ne.jp

1)氏名
2)所属(もしあれば)
3)住所 〒
4)TEL
5)FAX
6)保育の必要な子どもさんの氏名

メール申し込みフォームはこちら
メール申し込みフォームはアイコンをクリック

あかし里親相談室 水・金 午前9時~午後5時開室


2018年10月3日より「あかし里親相談室」がオープンしました。明石市より協会が委託を受け、2019年3月末までは、毎週水曜日と金曜日の2日間、午前9時から午後5時まで協会のケースワーカーが在室しています。主な活動は里親や里親希望者の相談、市民への啓発、里親家庭の支援、研修の企画などです。

場所はJR明石駅から南へ歩いて数分の「明石駅前再開発ビル(パピオスあかし)5階あかしこども広場内」多目的ルームの奥に、水曜・金曜のみ開設されます。
あかしこども広場には、プレイルーム、こども図書館、親子交流スペース、さかなクンのギョギョルーム、中高生の交流スペースなどがあります。(くわしくはあかしこども広場HP
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さいね。
面接相談を希望される方は、お電話で時間をご予約ください。
※2019年4月には明石市に児童相談所が設置されますので、4月以降は場所、時間等が変更になります。

【あかし里親相談室】
住所 〒673-0891
明石市大明石町1丁目6-1 パピオスあかし5階
あかしこども広場内
開設日:毎週水曜日と金曜日 午前9時~午後5時
電話: 090-2708-5046(開設日のみ)
★あかし里親相談室 ちらし
■パピオスあかしアクセス
■パピオスあかし5階フロアガイド
■あかしこども広場

【あかしの里親支援】
■あかしの里親支援
■あかし里親100%プロジェクト
■撮れたて情報 平成30年10月3日~相談室オープン
■広報あかし10月1日号 里親特集
■あかし子育て応援ナビ 里親制度について

「季節里親・週末里親の募集と説明会」

こどものボランティア里親になりませんか?

児童福祉施設で生活している子どもの中には、家族の面会や帰省の機会が少ないこどももいます。
そのようなこどもを、夏・冬休みや週末に家庭に迎えていただくボランティア里親を募集しています。

■季節里親 夏・冬休みに数日~1週間前後、こどもを家庭に迎えていただく里親
■週末里親 月に1、2回の週末にこどもを家庭に迎えて継続的に交流していただく里親(夏・冬休みも含む場合もある)

毎年1回、11月に開催しています。ボランティア里親の体験談やケースワーカーからの説明があります。ご関心のある方は、ぜひこの機会にご参加ください。

※説明会に参加したからといって、ボランティア里親の希望を出さないといけないということはありません。話をきいてみて考えたい、家族と相談したいということでもかまいませんので、どうぞお越しください。

●日時 平成30年11月11日(日)
午後1時半~3時半 (受付 午後1時~)
●会場 神戸市立総合福祉センター 4階 第1研修室
(神戸市中央区橘通り3-4-1)
●定員 50名
●参加費 無料
●プログラム
・こどもたちの現状と里親制度
・ボランティア里親体験談
・ボランティア里親の役割と実際
・ボランティア里親になるためには

★ちらしはここをクリック

メール申し込みフォームはこちら
メール申し込みフォームはアイコンをクリック

養子を育てたい人のための講座 11/3(土・祝)西宮

家族を必要としているこどもがいます。
養子縁組は家族が出会う一つの方法です。

■日時 2018年11月3日(土・祝)
午前10時20分~午後4時半(受付 午前10時~)
1日コースの講座です。

■会場 西宮市大学交流センター 講義室1
(阪急「西宮北口」駅 北側 ACTA西宮 東館6階)

■対象
〇養子を育てたいとお考えの方
〇養子縁組制度や手続きについて知りたい方
〇不妊治療中の方など・・・この機会にぜひどうぞ
・・・まずはお電話やメールでお問い合わせ下さい

■プログラム
親と暮らせない子どもたちについて
ドキュメンタリーの上映
「養子を育てて」~養親の子育て体験談~
養子を育てることの実際
養子制度の説明
相談窓口や手続きについて

■定員 夫婦15組・お一人でも参加可能です。
■資料代等 一人3千円(夫婦の場合5千円)

★ちらしはここをクリック【PDF】
★お申込み・お問い合わせは…
主催:公益社団法人 家庭養護促進協会 神戸事務所
TEL 078-341-5046 FAX 078-341-1096
E-MAIL ainote@kjd.biglobe.ne.jp

メール申し込みフォームはこちら
メール申し込みフォームはこちら

こどもに関わる人のためのアンガーマネジメント講座 7/4&11(水)神戸

お申込み多数のため申込を〆切ました

怒り・イライラは誰にでもある感情で、それ自体は悪くはありません。怒りについて知り、自分の怒りのくせや、思考・行動のパターンを理解しましょう。怒りをコントロールする方法と、他人も物も自分も傷つけずに、自分の怒りを上手に表現する方法を学びます。

こどもとの関わりでイライラや怒りに悩んでいる方、家族や周囲の人とよい関係を築きたいと望んでいる方、ぜひ、ご参加ください。人間関係がよくなり、組織や家庭運営がスムーズになり、自分の生き方が楽になるヒントをご一緒に学びましょう♪
★2日間の連続講座です★

■とき 2018年7月4日・11日(水) 2日間
午前10時~12時(受付9:40~)
■会場 神戸市総合福祉センター4階 第5会議室
(神戸市中央区橘通3-4-1)
■講師 梶原由美さん(こころサポート あおいくま 代表)
精神保健福祉士・産業&心理カウンセラー・
日本アンガーマネジメント協会ファシリテーター
■定 員 60名(先着順)
■参加費 1日につき 300円
■対象
子育て中、または、これから子どもを家族に迎える方
これから保育ボランティアをしてみたい方
・子どもや家族の支援、保育、教育などに携わっている方
テーマにご関心をおもちの方
■一時保育 定員10名(先着順〆切・要予約
 一家庭につき200円

★お申込みは、家庭養護促進協会まで
①氏名 ②連絡先 ③関わるこどもの主な年代 ④一時保育の希望(ある方)を
電話・ファックス・メールで
TEL (078)341-5046(月~金 9時~17時)
FAX (078)341-1096(終日受付 裏面にFAX申込書あり)
E-MAIL ainote@kjd.biglobe.ne.jp

★ちらしはここをクリック【PDF】

平成30年度年次総会を今年は神戸で行います。5/25(金)

当協会の里親を求める愛の手運動は神戸事務所が56年め、大阪事務所が54年めの活動に入ります。半世紀にわたり活動を支えて下さったみなさまにお礼と感謝を申し上げます。
ここ数年の間に児童福祉法の改正や里親や養子制度をめぐる動きが続き、これからの日本の社会的養育の方向が大きく変わろうとしています。
公益社団法人に移行してから5年めとなります今年度の年次総会を下記のように神戸で開きます。
今年の記念講演は発達心理学がご専門の遠藤利彦氏〈東京大学大学院教育学研究科教授〉をお招きし、「アタッチメントと子どもの発達」というテーマでご講演をいただきます。
「人生早期に子どもと養育者との間に形成されるアタッチメントがいかなる要因によって規定され、それはまたその後の子どもの発達の道筋にどのように影響するか」についての先生のこれまでの研究を踏まえてお話しいただきます。
里親や養親はもちろん、児童福祉に関わる人たちにとっては大変関心の高いテーマです。
記念講演のみのご参加も受け付けておりますので、どうぞお越しください。神戸事務所までお申込みください。

公益社団法人 家庭養護促進協会 平成30年度年次総会

日 時 平成30年5月25日(金)午後1時半~4時半
場 所 こべっこランド(神戸市総合児童センター)
7階 こべっこホール(神戸市中央区東川崎町1丁目3-1)
■交通案内
・JR「神戸駅」下車、南に徒歩5分
・神戸市営地下鉄「ハーバーランド駅」下車、南へ徒歩5分
・神戸高速鉄道「高速神戸駅」下車、南へ徒歩10分

総 会(午後1:30~2:50)
休 憩(午後2:50~3:00)

記念事業(午後3:00~4:30)
「アタッチメントと子どもの発達」
講 師 遠藤 利彦 氏〈東京大学大学院教育学研究科教授〉

※お子さま連れの方は、一時保育をいたします。こどもの名前、年齢、性別、アレルギーの有無をお知らせください。
★要予約ですので、必ずお問合せください。

【お申込み・お問合せは】
家庭養護促進協会 神戸事務所へ
TEL 078-341-5046
FAX 078-341-1096
E-MAIL ainote@kjd.biglobe.ne.jp

★「総会プログラム」はここをクリック

★記念講演「アタッチメントと子どもの発達」のみのちらしはここをクリック

チャリティ映画会「この世界の片隅に」3/4(日)神戸

毎年3月に、里親制度をすすめるためのチャリティ映画会を開催しています。今年は、日本中を静かな感動で包み、ロングランヒットしたアニメ「この世界の片隅に」を上映します。
ぜひ、会場にお越しください。

里親運動をすすめるためのチャリティ映画会
「この世界の片隅に」
会場:神戸文化中ホール(神戸市営地下鉄「大倉山」駅より徒歩1分、「高速神戸」駅より徒歩5分、JR「神戸」駅より徒歩10分)
日時:平成30年3月4日(日) 開場 午後1:45
上映 午後 2:00~4:10
前売り券:900円 当日券:1000円 (大人・子どもとも1人)

★チケットのお申込みは、家庭養護促進協会神戸事務所まで
お電話 078-341-5046
FAX  078-341-1096
E-mail    ainote@kjd.biglobe.ne.jp

★ちらし(PDF)