親子・家族・そして人間をみつめて

 

橋本 明 著
エピック
定価1500円
239P
2004年7月1日

 

 

はじめに
第1章 人と人との間
第2章 親・子ども・家族
第3章 親と暮らせない子どもたち
第4章 シアトルの街から
第5章 大震災から
第6章 人と魂の境界
第7章 よき隣人のいる社会
第8章 福祉の周辺
おわりに

家庭養護促進協会の事務局長 橋本明が、日本や海外でのさまざまな経験を通して感じた想い、色々な広報紙や機関誌に書いてきた記事や書き留めていた原稿を整理し、まとめた一冊です。かなり古い原稿もありますが 子どものころのことや家族のことにも触れており、自分史のような思いで綴られています。