第6回 里親支援にかかわるWORKERのための研修 IN 神戸

毎年11月ごろに開催している支援者対象の研修を、今年は11月21日(水)に開催します。今年度のテーマは」は「里親養育のジレンマ その理解と支援」です。

里親制度は、家庭という私的な領域に子どもを迎え入れる公的な養育です。第1部では、この2重性を踏まえて、「今求められる里親養育と今可能な里親委託~過渡期であることと2重性を意識しながら」と題して、宮島清さんにご講演いただきます。第2部では、里親養育のジレンマを軸に里親からの話と事例報告の後、グループに分かれて話し合います。里親支援をより充実するために、学び合う機会にしたいと思います。

先着順で90名の受付となります。ご都合がつきましたら、どうぞご参加ください。

■日時 2018.11.21(水) 10:30~16:40

■会場 神戸市立婦人会館 5階 さくら
神戸市中央区橘通3丁目4-1(神戸市立総合福祉センターと同じ建物です)
JR神戸駅より北へ徒歩7分、高速神戸駅駅より北へ徒歩3分、神戸市営地下鉄大倉山駅より南へ徒歩3分

■講師 宮島 清  氏 プロフィール
日本社会福祉事業大学専門職大学院 教授
専門は、子ども家庭福祉とソーシャルワーク。特に児童虐待が発生した家族・援助を必要とする家族への支援、里親養育や児童福祉施設の援助とその仕組み関することに取り組む。社会福祉士。

1981年、埼玉県庁入庁。福祉職として、児童相談所、同一時保護所、知的障害児施設、県本庁児童福祉課等に勤務する。2005年3月、 所沢児童相談所地域相談担当課長を最後に退職。同年4月から実務者教員として実践者の教育・訓練に携わる。
(※宮島先生には、2015年度も研修講師をお願いしました。
★その時の様子 ★講演録

著書:「子どものための里親委託・養子縁組の支援」(共編著)明石書店、「社会的養護テキストシリーズ」1~4巻 福村出版(共編著)、他多数。

■対 象:里親支援機関職員、里親支援専門相談員、
乳児院・児童養護施設等福祉施設職員、
児童相談所・児童家庭支援センター等 関係機関職員他

■定 員:90名(先着順)

■資料代:2000円(当日会場でお支払い下さい)

■プログラム(予定)—————–

10:00 受付
10:30  第1部 講演
  「今求められる里親養育と今可能な里親委託
~過渡期であることと2重性を意識しながら~」

  講師 宮島 清 氏
(日本社会福祉事業大学専門職大学院教授)

12:00~13:00 昼食休憩(会場で昼食をとっていただけます)

13:00 第2部「里親養育のジレンマ」
       里親の養育経験と事例報告
14:00 休憩
14:15 グループに分かれての話し合い
15:45 休憩
16:00 話し合いの報告・まとめ
16:40 研修終了予定
17:30~19:00 交流会(3000円程度・当日会場でお支払い下さい)
———————————-

■お申込み
お電話・ファックス・E-MAIL でお申込みください。
(申し込みフォームからもお申込みいただけます。下記のイラストをクリック)
<受講していただけない場合のみ、ご連絡をいたします。>
※申込み〆切り 11月14日(水)
ちらし裏面にファックス申込み用紙があります。
★ちらしはここをクリック

主催:公益社団法人 家庭養護促進協会 神戸事務所
TEL 078-341-5046 FAX 078-341-1096
E-MAIL ainote@kjd.biglobe.ne.jp

メール申し込みフォームはこちら
メール申し込みフォームはアイコンをクリック