里親制度をすすめるための「講演とドキュメンタリーの上映」 11/15(水)

10月は里親月間です。里親制度をすすめるための催しを毎年10月~11月に行っています。
今年は精神科医として長年の実践の経験をお持ちの服部祥子さん(はっとりさちこ・精神科医)に、子どもが家庭で育つことについてご講演をいただきます。
その後に、週末里親と交流を続きてきた青年のドキュメンタリー「ゆっち、25歳」の上映を行います。
ぜひ、ご参加ください。

■日時 2017年 11月15日(水)
13:30~16:30(開場13:00)

■会場 たちばな職員研修センター
(神戸市中央区橘通3-4-2)3階 研修室

■参加費 無料
■定員100名・要申込
■一時保育:10名・先着順・要予約

■プログラム
・13:30~挨拶・講演
「こどもが家庭で育つということ~精神科医の視点より~」
講師 服部 祥子さん(はっとりさちこ・精神科医)

・15:00~ こんなふうになっている里親制度
・15:10~ドキュメンタリー「ゆっち、25歳」の上映と意見交換
・16:30 終了

【服部 祥子さん】(はっとりさちこ・精神科医)

神戸市シルバーカレッジ学長・前頌栄短期大学学長
岡山大学医学部卒業。
大阪府中央児童相談所、大阪市南保健所、大阪市立小児保健センター神経科、大阪府立公衆衛生研究所児童精神衛生課に精神科医として勤務後、大阪教育大学教育学部助教授、大阪府立看護大学看護学部教授、大阪人間科学大学教授、同大学名誉教授、頌栄短期大学学長を歴任。2015年2月より神戸市シルバーカレッジの学長に就任。
精神医学、精神保健学、人間発達学を専門とし、児童青年期の精神医学全般、親子関係・家族関係に関して研究を行っている。
福祉・医療・保健・教育の幅広い分野にわたる見識と長い実践経験を持つ。
主な著書「子どもが育つみちすじ(新潮文庫)」「人を育む人間関係論~援助専門職者として、個人として(医学書院)」「精神科医の子育て論(新潮選書)」「生涯人間発達論(医学書院)」ほか。

【ゆっち、25歳】

関西テレビ制作・2011(48分)
第18回上海テレビ祭マグノリア賞入賞
ゆっちは7歳の時に、週末里親の滝口夫妻と出会い、以来ずっと交流を続けてきた。ゆっちはダウン症で、生活の場は児童養護施設、知的障害児施設、グループホームへと移った。グループホームから就労継続支援事業所に通い、そこでクラウンの練習をし、クラウンとして舞台に立つ。
ゆっちには自分を見守ってくれている里親夫妻と、ときどき帰ってくつろける家がある。

■主催:公益社団法人 家庭養護促進協会 / 神戸市里親会
■後援 : 神戸市こども家庭センター / 神戸市教育委員会(予定)

■お申込みは お電話・ファックス・E-MAILでどうぞ
申込〆切 11月9日(木)

★ちらしはここをクリック(ファックス申込み欄あり)

★かんてれ ザ・ドキュメント「ゆっち、25歳」
★ゆっち、25歳
★「130本のテープ~週末里親17年の記録から」

公益社団法人 家庭養護促進協会
〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 神戸市総合福祉センター内
TEL 078-341-5046 FAX 078-341-1096
E-MAIL ainote@kjd.biglobe.ne.jp

1)氏名
2)所属(もしあれば)
3)住所 〒
4)TEL
5)FAX
6)保育の必要な子どもさんの氏名

メール申し込みフォームはこちら
メール申し込みフォームはアイコンをクリック