カテゴリー別アーカイブ: 本

130本のテープー週末里親17年の記録からー

滝口芙美子・文
滝口洋三・写真

家庭養護促進協会・監修
2012年1月10日・発刊

エピック・発行
定価・1000円
A5判・37ページ

ゆうきくんはダウン症があります。滝口夫妻が7歳のゆうき君の週末里親になって17年間がたちました。ゆうき君が成人した後も、夫妻とゆうき君の交流は続いています。

 芙美子さんは元保育士で、児童養護施設で働いたり、保育所でハンディキャップのあるこどものクラスの担当になったりした経験がありました。
洋三さんは視力に障がいがあり、自分の目の代わりになるビデオカメラで撮影するのが趣味でした。
ゆうき君なら一緒に遊びにいって、夫がその様子をビデオでうつすこともでき、うまくいくのではいかと芙美子さんは思ったそうです。
洋三さんがこれまでにとったビデオテープは130本になりました。夫妻もゆうき君もユーモアのある明るい人柄で、3人でいろんな場所に出かけ、楽しい思い出がたくさんできました。

 滝口夫妻が週末里親になろうと思ったきっかけ、ゆうき君との出会いと交流のようす、ゆうき君の成長、週末里親をしながら感じたこと、喜び、夫妻の思いが、文と写真で綴られています。
ぜひ、お読みください。

本文より

4回目の交流で、ゆうき君は初めてわが家に泊まりました。その日は、以前2回のゆうき君との遊びの様子を移したビデオを一緒に見たり、夫が録画しておいたゆうき君が好きだというアンパンマンとドラえもんのアニメを見たり、私が用意していた絵本を読んで聴かせたりして過ごしました。
私が読んだ絵本のなかに、赤ちゃんがお母さんに抱っこされ、お風呂に入れてもらっている場面がありました。ダウン症のためにゆうき君はうまく話せません。ゆうき君は、その絵本のお母さんを指さし、私を指さしました。次に赤ちゃんを指さして、その指を自分自身に向け、尋ねるしぐさをしました。そのとき、ゆうき君はずっとお母さんを探していたのだとわかりました。ゆうき君は生まれて間もなく施設に預けられているので、お母さんを知りません。私は涙があふれそうになりながら絵本を読み終えました。
そしてその晩は一緒にお風呂に入り、指の先から足の先までていねいに洗ってあげました。

★関西テレビ制作のドキュメンタリービデオ「ゆっち、25歳」もあります。

アメリカから学ぶ困難な課題をもつ子どもの里親養育

★愛の手運動50周年記念事業 報告書

50 講師:
尾崎京子(New Alternative for Children 前スーパーバイザー)
桐野由美子(京都ノートルダム女子大学教授)
2013年6月1日・発刊
家庭養護促進協会・発行
定価・800円 /  B5判・95ページ

愛の手運動50周年企画に、アメリカのニューヨークの民間児童福祉機関NAC(New Alternatives for Children)で里親・養子縁組ソーシャルワーカー・スーパーバイザーとして活動されてこられた尾崎京子氏を神戸に招き、3日間にわたり講演会やシンポジウムを開催しました。
また、アメリカの里親家庭の民間の治療支援機関の調査に行かれた桐野由美子さん(京都ノートルダム女子大学教授)には分科会で最新情報をご報告いただきました。
この報告書は、当日提示されたスライド資料や図、写真を掲載しながら、尾崎京子氏、桐野由美子氏の講演、分科会の内容をわかりやすく要約しました。

アメリカの里親制度が目指すもの、現場で働くワーカーの考え方やケースマネジメントの実際がよくわかり、日本での実践に役立つヒントが多くあります。
里親、養親、里親子の支援に携わる方、児童相談所・児童福祉施設で里親制度、児童福祉にかかわる方、学生や研究者の方にもおすすめします。

目次
第1章 基調講演「困難な課題をもつ子どもの里親養育」  尾崎京子
第2章 分科会1「里親養育におけるケースマネージメント」尾崎京子
第3章 分科会2「アメリカの里親子支援の実際」     桐野由美子
第4章 全体会
第5章 「里親養育の実際と支援の受け方」意見交換

この報告書を読んで・・・
・NACの里親リクルートの姿勢と、里親希望者への研修プログラムに学ぶものが多くある。また、ワンストップシステム、里親のバックアップ(個人的な支援者)の重要性、B2Hプログラムなどの支援プログラムが充実していると思いました。。

・「里親養育のケースマネージメント」の章を読み、里親養育の難しさは日本と同じで、共感できるところがたくさんありました。。

・「安全、ウェルビーング、パーマネンシー」という児童福祉の理念を再確認しました。

・コンカレント・プランニングやアメリカ政府が策定している社会的養護の効果測定「45項目」は、今後参考となると思います。

「ケースワーカーと学ぶ里親養育の基礎知識」

kisotishiki-m公益社団法人 家庭養護促進協会 編著
定価 700円
2014年3月25日・発刊
A5判・96ページ

里親になることを考えた時に、最初に読んでいただける本です。

第1章では、親と暮らせない子どもたちの現状や、家庭養護と施設養護について、里親と養親の違い、里親の種類、里親になるための要件、里親の役割、里親に委託されている子どもたちの委託理由、里親になってから受けられる支援などをやさしく解説しています。
第2章は、里親として実際に子どもを家庭に迎えるプロセスや心構えについて。
第3章は、アメリカの里親向け研修マニュアル「PRIDE」から、里親が子どもを家庭に受け入れようとするときに考えておく必要のある事柄を、一部引用して紹介しています。
第4章は、里親になるために受講が義務づけられている研修の内容の概要の紹介。
第5章では、里親養育のために読んでおきたい一般むけの本を紹介しています。 また、同居の親が反対している時は? 実子がいる場合は? 共働きの場合は? 子どもを迎えたことを近所にどう話す? こどもに里親であることをどう伝える?など、里親希望者からのよくある質問をとりあげて、ケースワーカーが答えています。 これから里親になることを考えていきたいという方、また、里親制度について簡単に概要を知りたいという方や、里親支援に携わっている方におすすめいたします。

 目次

第1章 親と暮らせない子どもたちの現状と里親制度
第2章 里親として子どもを家庭に迎えるということ
第3章 子どもの受託と家族の変化への対応 (アメリカの里親研修マニュアルから)
第4章 里親になるための研修
第5章 里親養育のために読んでおきたい本
第6章 資料 (里親が行う養育に関する最低基準 要約)

里親のためのペアレントトレーニング

satooya-peatore武田建・米沢普子 著
ミネルヴァ書房 刊
定価 2000円+税
240P
2014年10月 発行

里親養育の実際とコーチングの心理学にもとづく子育てをやさしく解説
里親養育とコーチングがドッキング。
里親養育に頼もしい1冊です。日々の子育ての指針に、困ったときのヒントに、ぜひご一読ください。

里親になる前に抱えやすい不安から、里親として子どもを受け入れた後に起こるであろう様々な課題・悩みまで、その対処方法をやさしく解説。
1章から4章までを、多くの里親家庭の支援を行ってきたベテランケースワーカー米沢がその経験にもとづき執筆。
5章からはその養育に役に立つペアレントトレーニング、子育てにチョット疲れた時のリラックス法を武田が執筆。
里親家庭以外の子育てにも役に立つ一冊。

第1章 里親を必要とする子どもたち
第2章 里親になるということ
第3章 家庭への道…成長の中途からの養育の難しさ
第4章 子どもの成長こそが里親の喜び
第5章 親子関係の基本
第6章 誉められたことは、またやります
第7章 やって見せることはベストの教え方です
第8章 誉め方とその注意点
第9章 上手な叱り方
第10章 子育てに役立つ三つの魔法
第11章 しつけに困ったら
第12章 里親になるのも「少しずつ」


本書を推薦します
 芝野松次郎(関西学院大学 人間福祉学部教授・当協会理事長)

 本書は、二人のマエストロの協働がもたらした貴重な産物である。保護者に、子どもの成長の理解を促し、子育てに役立つ飾り気のない具体的な知識と技術をストレートに提供してくれる。知識と技術だけではない。子どもの『最善の利益』という概念を支える普遍的な価値を明らかにし、そうした価値の現れとして、保護者の子どもに接する姿勢をわかりやすく示してくれる。
 著者のお一人、武田建先生は、筆者の恩師である。先生は、行動理論の臨床を日本に紹介された先駆者の一人だが、精神分析理論に基づく援助方法の研究者であり実践家としても知られる。その日本への導入においても先駆的に関わられ、後に行動理論に基づくアプローチと精神分析理論に基づくアプローチの折衷を試みられた。本書の後半部分(5章から12章)は、折衷的な視点で臨床と研究を積み重ねて来られた膨大な成果が、誰にでもわかる平易な表現を用いて示されている。
 もう一人の著者である米沢普子さんは、社会的養護における家庭養護と養子縁組の推進に貢献され、保護を必要とする子どもと里親、養親の支援に永年係わってこられた超ベテランのソーシャルワーカーである。筆者からすると大学の大先輩になる。安定した成長の場を求める里子と、そうした子どもに成長の場を提供し、育ての親になろうとする大人を結びつけ家庭を創造する「親子むすび」に半生を捧げてこられた。そこでの豊富な経験が、本書の前半(1章から4章)において、米沢さんらしい気取らない語り口で語られている。
 お二人ともその領域では押しも押されもしない第一人者であり、冒頭であえて「マエストロ」と呼ばせていただいた。
 日本の社会的養護には、さまざまな理由で家庭にとどまれない子どもたちに、施設養護を中心として、安定した成長の場を提供してきた長い歴史がある。しかし、今それが大きな曲がり角にある。施設の小規模化、ユニット化により、より家庭に近い環境で子どもが成長できるよう、施設養護の形が変わりつつある。同時に、里親やファミリーホームへの委託といった家庭養護を強化するための計画が都道府県や政令市において推進され始めている。そうした取組では、里子の成長を援助する里親への手厚い支援が不可欠となる。
 本書は、里親が子どもと接するときに直面するさまざまな困難に、親(保護者)としてどのように接していけばよいのかについて、その心構えと具体的な方法をわかりやすく示した書であり、里親としての行く道を照らす導きの書と言える。
 米沢さんは、里親を必要とする子どもたちがおり、里親となりたいと思う人がいて、その出会いから、里親となりさまざまな試練と喜びを経験するプロセスを、具体的なエピソード織り交ぜながら、描き出す。例をあげると、里子と生活して直面する最初の試練を描いた「最初の危機を乗り越える」(p.35)では、里親家庭のしつけの方針と子どもの要求のずれが描かれている。里親、いや親になる過程に待ち受けている試練が随所に包み隠さず描き出される。しかし、第4章「里子の成長は里親の喜び」(p.63)では、そうした試練の先に里子の成長を喜び合える日が来ることを示す。試練と喜びを照らし出し、導くところに、本書の特徴がある。
 武田先生は、こうした試練であり喜びともなり得る子育てを、子どもの成長を支える具体的な知識と技術として平易なことばを用いて示す。その背景には研究に裏付けられた学習の仕組みや、臨床の積み重ねから生まれた精神分析的な理解、そして臨床心理学の知見や技術がぎっしりと詰まっている。読者は、それをところどころに配されたコラムから垣間見ることができよう。
筆者がなるほどと思うのは、「叱り方」についての知識と技術に関する記述である。ほぼすべての章において叱ることを真正面から取り上げ、「叱ってもいいのです」(p.102)とした上で、叱ることがもたらす負結果に触れられる。そして、叱ることの短期的な効果に惑わされることなく、親が子どもにしてほしいと思う好ましい行動を言語化して伝え、子どもができるところから徐々に励ますことの重要性が示される。子育ての難しさ対する親の弱音をしっかりと受け止め、親としての育ちの道が照らし出されている。
 このように本書は、二人のマエストロによる夢のコラボレーションから生まれた書であり、いつまでも手元に置き、折に触れ読み返したい書であると思う。


お問い合わせ・ご購入は、協会神戸事務所までどうぞ。

里親・養子を理解するための本

rikai-s
家庭養護促進協会 監修
200円 A5版 56ページ
★PDFダウンロード

 

絵本、児童書、一般むけの本など、里親や養子について理解するために役立つ本を紹介した小冊子です。本書の作成にあたって、里親さんたちにも本を読んでいただき、紹介文を書いていただきました。
PDFファイルをダウンロードしていただけますのでご利用ください。
印刷物をご希望の方は1冊200円で販売しています。
<生駒温子児童福祉基金の助成を得て作成しました>